FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

適当将棋ノート

将棋についての思いつきを適当に書いているブログです。

2011

09/26

Mon.

22:13:06

南の右玉 

Category【書評

2011-09-26a.jpg
 南芳一九段の新刊。
初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲2五歩△3三角▲4八銀に、△9四歩と突いた図からの将棋について南九段の実戦から解説されている。
 タイトル通り右玉についての他、相手の出方によっては袖飛車や振り飛車、陽動振り飛車へと変化する指し方も説明されているので、右玉一辺倒というよりは図の局面からどう指すかという戦術についての本といったほうがいいだろう。
 定跡書のような体系的な定跡があるわけではなく、先に書いたとおり南九段の実戦解説という形で書かれており、昔の棋書風だと思う。
 構成も将棋もあまり体系立った感じではなく、ベテランの掴み所がない将棋で現代将棋というよりはどこか昭和のにおいがする本である。正しい指し方があるというよりはこうやっても一局といった感じが多い。
 ただ、実戦の解説という形式なのに棋譜が途中までしか載っていないのは物足りない。
 本書の内容はあまり類書がないという点では貴重だが、戦術や解説については少々中途半端かなと思う。


南の右玉南の右玉
(2011/09/21)
南 芳一

商品詳細を見る
スポンサーサイト



[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://readssk.blog45.fc2.com/tb.php/203-1b5fe0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top