FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

適当将棋ノート

将棋についての思いつきを適当に書いているブログです。

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2013

04/25

Thu.

19:39:27

名人戦第2局 

Category【プロの将棋

 名人戦第2局は森内名人が優勢から押し切りこれで2勝0敗。
 1日目の時点で先手が指し良いように見え、2日目には後手の無理攻めをきっちり受け止めて圧倒した。
2013-04-25a.png
 上の図の局面は先手が9八香と上がって穴熊を目指したところ。すっかり現代将棋定番の戦術だが、こうやって玉を堅める手を一方的に指し続けることが出来るなら先手ペース。
 先手は駒がのびのびしているのでまずは堅めてどうやって手を作るかという感じ。
 比べて後手の陣形は堅くない上に駒もまとまっていない。ただ手待ちを続けることしか出来ないので持ちたくない。
 こうなると先手は第1局の玉頭からちょっかいを出された銀冠より矢倉の方が堅くて進展性があると思う。
 後手もこのままではまずいと思ったのか▲9九玉に△8五歩から動いて次の図。
 だが、ここで動くくらいなら羽生三冠は徹底的に待機戦術をとるのかと思っていたので意外。
 渡辺竜王との王座戦第2局の一人千日手からの鬼辛抱とは随分と違うなあと思った。
2013-04-25b.png
 端に手をつけたり馬を作ったりと後手が苦心した手順だが、先手は自然に対応していく。
 端攻めを逆用して9三にと金が出来たあたりでは先手がだいぶ良さそうに見えた。
 こうやって玉を堅めて相手を焦らせ、きちんと受けて優勢になるのは穴熊の勝ちパターンの一つ。
 攻めている方が勝ちやすいのは将棋によくあることだが、本局の先手のような勝ち方が出来るようなると将棋に幅が広がる。
 先手は△6六馬が嫌な筋だが、単発では大したことがない。このあとも後手は先手陣に嫌味をつけたが大勢を覆すことが出来ず、結局先手からのカウンターが厳しく決まって森内名人が勝った。

 このシリーズ、星が偏ってしまった以上に羽生三冠の将棋に冴えがないように見える。
スポンサーサイト

[edit]

page top

 

2013

04/07

Sun.

18:10:51

棋王戦第4局 

Category【プロの将棋

 二週間以上前になるが棋王戦の第4局。角換わり相腰掛け銀になって図の局面。
2013-04-07b.png
ここで▲4五歩と仕掛けて良くなれば話は早い。実戦でも後手を持ってやられたことはかなりあるが、時間が短いと大変な印象がある。
 厳密には先手が良くないらしいのだが、本局は渡辺竜王が攻め倒してしまった。角換わりで気になる局面の一つだ。

 渡辺竜王はこの将棋に勝って棋王を奪取して三冠目。今季のタイトル戦はどれも危なげなく制しており、飛び抜けた実力が安定している感じがある。
 今季の活躍を見る限り複数のタイトル戦に出ても問題ない様子。このまま複数冠を維持できるかが来季の課題となる。といっても超一流の棋士だけに課される贅沢な課題である。
 名人戦で羽生三冠が奪取すれば来季は四冠対三冠のタイトル戦が見れそうなのでそろそろ開幕する名人戦の行方もますます気になる。

[edit]

page top

 

2013

03/12

Tue.

00:03:23

棋王戦第3局 

Category【プロの将棋

 1勝1敗で迎えた棋王戦第3局。ここが5番勝負の分かれ目、特に王将を奪取して勢いにのる渡辺竜王を郷田棋王が先手番できっちり勝ち切ることが出来るかが見どころだった。
 将棋は先手番の郷田棋王がここ最近では珍しい矢倉の加藤流へ。プロ間であまり指されないのは後手有利が濃厚だからのはず。もちろん郷田棋王が指すからには用意があるのだろうが、彼の作戦選択はあまりいいイメージがない。
 一般的には郷田棋王といえば格調高い本格派居飛車党というイメージがあるかもしれないが、個人的には羽生名人へ挑戦してあと1勝と奪取に王手をかけた時に陽動振り飛車を使った時の印象が強い。
 前回の棋王戦は相手が振り飛車党の久保棋王(当時)で、戦法が限られていた部分があるのである種迷いは無かったのがいい方向に繋がった可能性があるが、今回の渡辺竜王戦は相居飛車で作戦の選択肢がいろいろあるので逆に郷田棋王が迷うのではないかという考えが少々頭をよぎった。
 あとは実際に加藤流を指してみた経験上、ねじり合いになれば力を出しやすいが、本局のような後手の指し方を相手にすると先手は右辺の駒が重くて捌きにくい一方で後手は金銀四枚の守り+桂を有効に使ったカウンターがあるので先手は大変と感じたというのもある。
2013-03-11a.jpg
 図は2五に跳ねた先手の桂に対して後手が△3三桂とぶつけて▲同桂成△同金寄となった局面。△同金寄が竜王の構想で初めて見た。
 定跡では同金直と取ってこの後再度の▲2五桂を△同銀と食いちぎり△9四桂~△8六桂打ちから三枚の桂で玉頭を攻めるのが定跡だったはず。
 しかもこの定跡で後手が良しと言われて加藤流が指されなくなっている要因になっていたはずである。郷田棋王がどのような準備をしてきたのか興味があったが、先に変化したのは渡辺二冠の方だった。
 矢倉で立ての二枚金は好形とはいえ3筋の当たりがきつくなりそうなので普通では思いつかないが、本譜のように△4二銀と引く余地を残したと言われればなるほどと思う。ここらへんの渡辺竜王の玉周りの感覚が独特である。
2013-03-11b.jpg
 さらに進んで次の図。▲5二角と銀取りと▲6三角成からの攻め駒を責める狙いに銀取りを放置して△9四桂!▲2五角成に△4三銀!▲9八銀と進んだ。
 銀取りを放置しての△9四桂から△4三銀は凄い手の組み合わせ。先手は銀得でも▲9八銀と受けなくてはいけいようではいまいちか。感想戦では郷田棋王が「▲9八銀と使わされているのはひどい」とのこと。
 先手は銀得で馬を作っても駒の働きが今ひとつ。一方の後手は目一杯駒が働いている。また、先手は銀を埋めたとはいえ8六の地点に解消できない爆弾を抱えているようなものなので強い戦いができない。
 ここでは解説陣は先手持ちへと傾いたようだが、対局者は後手が指せると感じていたようだ。
 それにしても一連の手順で指せると読んだ渡辺竜王に凄さを感じる。以下は後手の圧勝。これは挑戦者の奪取へと流れが出来たのではないかと思わせる将棋だった。

[edit]

page top

 

2013

02/23

Sat.

22:59:42

棋王戦第2局 

Category【プロの将棋

 棋王戦第2局は後手の郷田棋王が横歩取りに誘導。これを渡辺竜王が破ってスコアは1-1のタイになった。
 それにしても図の横歩取り5二玉型は最初は8五飛戦法の変化球というイメージだったが、今ではすっかり主流戦法になった感がある。
2013-02-23a.jpg
 飛車の引き場所も8五と8四の二通り、玉の囲いも中原囲いと中住まいの二通りで変化も多い。その上、これまでの横歩取り3三角戦法の定跡が通用するかしないかでいろいろと模索が行われているところ。
 本局で渡辺竜王は図から▲3六歩の青野流を採用したが、先手の対策が分散していることも後手を持って指す価値があると思われている一因だろう。
 これからしばらくは横歩取りブームが続く予感がする。

[edit]

page top

 

2013

02/20

Wed.

19:45:02

渡辺竜王、王将奪取に王手 

Category【プロの将棋

 王将戦第4局は佐藤康光王将に渡辺竜王が勝って挑戦者の3勝1敗となった。昨日の時点では後手がペースかと思った将棋だったが渡辺竜王の中終盤力が佐藤王将に勝ったようだ。
 ただ、二日目に入ってからも途中の局面では佐藤王将が指せそうな局面があったように見えた。
 本局はそれだけ接戦で、終盤には渡辺竜王の見た目にも派手な▲5七金という金のタダ捨ての好手が出るなど見応えがある将棋だった。
 これで俄然優位に立った渡辺竜王。王将奪取が目前となっているが、棋王戦と重なっているのが吉と出るか凶と出るか。注目していきたい。

 本局で自分の目に止まったのが図の局面。
2013-02-20a.jpg
 既に先手の渡辺竜王が勝勢と言っていい局面だが、図の▲5八金と打ったのが△6八飛を防いで確実な手。一方で▲6一銀と引っ掛ける手も浮かぶ。
 直線的に行ったほうが勝ちは早いかもしれないが詰みのないこの局面では自陣に金を埋めるほうが手堅い。自分が思うに将棋の線が細い人はこういう手をあまり指せない。
 ▲5八金は優勢をさらに拡大するが手数が長くなる可能性が高い。将棋が長くなるとプレッシャーや逆転の不安も続くのでそういった恐怖に耐えられない人間はすぐに決めにいってしまう傾向が強い。
 確かに直線的に寄せる将棋は見た目にも人からの評価でも格好いいと思われがちだが、自分は必ずしもそう思わない。
 決着を長引かせても優位を拡大する将棋は間違わない自信と、さらに言えば万が一誤って逆転されたとしてもそう簡単に負けないという自信が無いと指せないものなのだ。
 将棋ではなく麻雀漫画のアカギの台詞になるが
「気持ちが押されているから軽々に勝ちへ走るっ……!勝ちを急がなきゃ勝てた……」
 というようなことは将棋ではたくさん起こる。
 自分より強い相手に対してこのような戦略は危険かもしれないが、焦って決めにいった将棋がかえってミスを招く場合もある。なにより強い相手にもさらに形勢を話す手を考えることで将棋の懐の深さが広がる。
 もちろん、直線的に行くほうが勝る局面もあるだろう。そこは個別に判断していくしか無い。
 しかし、読みの方向性として、優勢の局面からさらに形勢差を拡大する手を考える余裕を持つことは線の太い将棋を指す上で非常に重要だ。

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。